利益追求型 原価管理ソフトMIYAシステム 日本初原価管理での特許を取得した、現場から生まれた使えるソフトウェア 使いこなせば残業ゼロで利益率アップ!工程、日報、原価を簡単一元管理
ミヤシステム 資料請求 お問い合わせは0120-8986-88

メルマガ:原価管理

オリジナル動画
【大安発行】 視点を変える。1%の可能性

発行:2017/1/21
Facebook配信中  >https://www.facebook.com/miyasystem/
 
大安吉日発行  ミ┃ヤ┃シ┃ス┃の┃メ┃ル┃マ┃ガ┃ 2017
-------------------------------
今日も寒い中の現場作業、お疲れさまでした。
ミヤシステムの宮脇恵理です。
 
やはり、年度末が近づくにつれて
現場の緊張感というか・・ 熱気というか
いつも現場を通るたびに立ち止まってしまうのですが
 
みなさん、カッコいいです!
 
-----
●ユニフォームに拘る!
-----
 
先日近所の現場で、とっても素敵に作業服を着こなしている
熟練技術者(だと思う)を見ました。
その方を見て、ある社長さんの言葉を思い出しました。
 
「作業着を、かっこよく着こなす者ほど技術が高いんだよなぁ
作業着というと、だらしなく見える、そんなのナンセンス!
誰が見ても好感が持てる技術者であれ」
 
作業服姿も、ご自身が乗っている作業車もピカピカ。
そして、車の中はどこに何があるのかが一目でわかるように
整理整頓されているのが印象的でした。
 
もちろん、この会社はメキメキと毎年大きくなっています。
 
建設業ってカッコイイ! 他業種の人にもそれを
知ってほしいですね(^▽^)/
 
-----
●1%の可能性
-----
 
本日の本題は、「コストダウン1% = 利益アップ1%」 です。
1%の可能性はこれまでも、定期的にテーマにしてきました。
 
▼ 1%の利益をあげるために。
http://www.miyasys.co.jp/wp/?p=8867
弊社ソフトをお使いいただくお客様には、必ず1%アップを
目指して頂きたいからです。
 
(例) 3000万円の下水道工事を受注しました。
実行予算を組んでみると、原価の予定は2520万
利益は480万 16%の利益率を見込んでいます。
 
この会社では、年間の完成工事高は約3億。
単純計算で、同規模の工事が10本ということになります。
 
 
 
さて、利益率16%が「17%」になったとすると?
金額にして30万円。
 
2520万円という原価は、「原価要素×数量」の集合体です。
労務費、材料費、機械費、経費、外注費で構成されます。
 
ここで質問です。
 
みなさんは、ひとつひとつの原価要素の「単価」
きちんと確認していますか?
 
建設業界では、原価は「掛け」で買うのが一般的。
会社の締日に請求書として請求されるわけです。
 
自分の財布からお金を出して買うことがない。
というのは、便利でもありますが、
見逃せない落とし穴もあります。
 
「単価や性能を比較したりする人が少ない。」ということ。
 
 
 
ここも「段取り」の能力のひとつです。現場の着工前に
その辺りをしっかり調査していれば問題ないのですが
行き当たりばったりで手配をすると、ここが抜けてしまいます。
 
慌てて準備すると、高い買い物になります。
 
12000円のものが11880円で変えれば 1%アップ。
その差120円です。
 
そんな細かいこと気にしていられない。
何千万もの工事を扱う方はそう思うかもしれません。
 
しかし、現場のコストはその積み重ねです。
ひとつひとつの原価要素に対して1%を意識することは
可能なことです。
 
少し視点を変えるだけ。
 
1現場30万の利益アップ=年間の会社の利益300万アップ
につながります。
この「300万」を人材育成費や、モチベーションアップのための
ボーナスや新しい作業車の購入にあてると、次の年には
更に1%アップが期待できるはず!
 
 
 
特に新入社員研修などでは、しっかりとこの理論と方法を
植えつけ、技術者として育成していくべきです。
 
 
ご不明な点はお気軽に、フリーダイヤル
0120-8986-88(ハヤクヤローパパっと)
又は、お問い合わせフォームにて▼
http://www.miyasys.co.jp/contact/
 
 
もっともっと魅力ある業界に、会社に
自分たちで変えていきましょう!
 
 
MIYAシステムお試し版無料ダウンロードはこちら
実践マニュアル入門編 プレゼント▼
http://www.miyasys.co.jp/dl/
 
 
エリザベスがお届け致しました。
 
明日もご安全に!

実際に使ってみよう!

原価管理のノウハウや
MIYAシステムの最新情報
をお届けします。