利益追求型 原価管理ソフトMIYAシステム 日本初原価管理での特許を取得した、現場から生まれた使えるソフトウェア 使いこなせば残業ゼロで利益率アップ!工程、日報、原価を簡単一元管理
ミヤシステム 資料請求 お問い合わせは0120-8986-88

若手技術者向けミヤシス入門

オリジナル動画
原価管理を学ぼう004 原価と出来高

発行:2017/1/30
Facebook > https://www.facebook.com/miyasystem/
 
原価管理を学ぼう 若手技術者向けミヤシス入門 004
〜これからの建設業界を担う若手技術者の皆様
              一緒にがんばりましょう!〜
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
こんにちは!
ミヤシステム株式会社、新入社員のまゆみです。
 
ミヤシステムでは、年末から社内清掃に力を入れてきました。
毎日少しの区画を磨き、最近ではいよいよ二巡目に突入。
一度磨いた床をさらにピカピカにしています★
ワックスの量や前日とのつなぎ目など「気づく力」が身に付いてきました。
 
さてさて、今回は「原価」と共に、
会社の損益を知る上で欠かせない「出来高」について
お話したいと思います。
 
出来高とは、実際に行われた作業の進み具合を
数値や金額で表したものです。
 
今日は「床堀が50mできた!」
「コンクリート舗装を20m3打設できた!」
といった感じです。
 
まさに達成感を感じる瞬間です。
達成感を毎日感じる事ができる現場の方達って本当に凄い仕事ですね。
 
今日の作業がどのくらい「できた!」か。
ここを知る事が最大のポイントです。
実行予算を作成しない会社は、もう少なくなりました。
しかし、「出来高」をつかむ頻度は会社によって様々です。
 
研修中に聞いたお話によると、
こうした出来高を毎日管理されている会社さまが
そもそも多くないようです。
出来高とは、損益を知るためにもっとも必要な情報の一つ。
 
「出来高 – 原価 = 損益」です!
 
「出来高をつかむ頻度差を縮める」事による効果が
経営改善のヒントではないでしょうか。
 
ここで皆様、思い出してください^^
身近でダイエットをしている方はいらっしゃいませんか?
増えすぎた体重を減らすためには
摂取するカロリーよりも消費するカロリーが大きければ良いんです。
そのために日々の食事量を減らしたり、
毎日体重計に乗って数字を見る事がとっても重要です。
 
何もせずに成功することも無いとは言えませんが、
そんなの稀!そしてこれは工事でも一緒です。
 
ここでの体重は会社の損失。
摂取するカロリーは原価、
消費するカロリーは出来高です。
 
出来高が多く、原価が少なくなれば
会社の損失が少なくなります。つまり利益が増える!
 
日々コツコツと、
原価とともに出来高を意識することで、
損益をコントロールできるということを学びました。
 
ちなみに私も体重を減らすべく、社内清掃がんばっています。
一緒に結果を出しましょう^^
今週もどうぞご安全に!

実際に使ってみよう!

原価管理のノウハウや
MIYAシステムの最新情報
をお届けします。