利益追求型 原価管理ソフトMIYAシステム 日本初原価管理での特許を取得した、現場から生まれた使えるソフトウェア 使いこなせば残業ゼロで利益率アップ!工程、日報、原価を簡単一元管理
ミヤシステム 資料請求 お問い合わせは0120-8986-88

若手技術者向けミヤシス入門

オリジナル動画
原価管理を学ぼう006 実行予算を作ったあとは

発行:2017/2/13
Facebook > https://www.facebook.com/miyasystem/

原価管理を学ぼう 若手技術者向けミヤシス入門 006
~これからの建設業界を担う若手技術者の皆様
              一緒にがんばりましょう!~
------------------------
こんにちは!
ミヤシステム株式会社、新入社員のまゆみです。
 
突然ですが、皆様の会社では実行予算を作っていますか?
実行予算とは、工事を行う上で
「必要とされる金額を予測したもの」です。
 
ミヤシステムのホームページでは、
原価管理ソフト「MIYAシステム」トライアル版の
無料ダウンロードができます。
http://www.miyasys.co.jp/dl/
 
そのアンケートの
「実行予算と実績の対比は?」という問いに
「できていない」とお答えする方が少なくありません。
 
工事着手後、大切なことは実行予算に対しての確認です。
実行予算を絵に描いた餅で終わらせてはいけません。
 
今回は、ではなぜ
これまで実行予算との比較ができなかったかについて
お伝えしたいと思います。
 
 
 
問題となるものをいくつか考えて見ますと…
 
・公共工事における既存の積算体系と実作業の違い
 
「作業工種の数が多い」
「実作業に基づいた並びではない」
「積算の作業単位では管理できない」
「実際の作業では複数の作業が同時に行われる」
などの問題があります。
 
 
・企業のこれまでの管理方法と教育環境について
 
これまで日々の損益管理を行っている企業は
ほとんどいませんでした。
またコンピュータが普及されるまでは便利なツールも無く、
積極的にコストに関する教育に取組んでいる企業も
少なかったと思われます。
 
 
このようにこれまでの時代背景があったのかもしれませんが
現場におけるコスト管理は必須の時代となり
実行予算との比較は今日の建設企業の経営において
とても重要なものの一つとなりました。
 
「実行予算と実績の対比は?」
自社の問題や課題を今一度見直してはいかがでしょうか?
 
 
今週もどうぞご安全に!

実際に使ってみよう!

原価管理のノウハウや
MIYAシステムの最新情報
をお届けします。