実行予算の組み方│かんたん工程表作成ソフト 工作2プラス│原価管理ソフト│ミヤシステム株式会社
利益追求型 原価管理ソフトMIYAシステム 日本初原価管理での特許を取得した、現場から生まれた使えるソフトウェア 使いこなせば残業ゼロで利益率アップ!工程、日報、原価を簡単一元管理
ミヤシステム 資料請求 お問い合わせは0120-8986-88
実際に使ってみよう!

原価管理のノウハウや
MIYAシステムの最新情報
をお届けします。

工程管理の目的(工程表の作成)は単に工期を守るためのものではありません。
工程表作成時には、「この作業に何日かかるのか?」 を考えることになります。
その際には、1日に何人の人が来て、何の機械を使って・・・と考えているはずです。

上記で作成した工程表に、考えた実行予算をリンクさせると
工程表と実行予算がつながり、「工期の目標」「お金の目標」が同時に作成できることになります。

「工作2プラス」の、実行予算作成までは、5ステップで完了です。

① 左側の作業一覧から、予算を組む作業を選択します

② 右側のリソース一覧、その作業に必要な原価要素をダブルクリックで選択します

※いつも使用する原価要素(職員の労務費など)は登録しておくと
繰り返し使えるので、どんどんカンタン作成につながります!

③ 選択したリソース(原価)が1日あたりどれくらい必要かを入力します

※1日あたり普通作業員が○人など
ほかのリソースも同様にダブルクリック&数量入力します。

④ 3で入力した原価要素の生産量(作業数量)を入力します。


⑤ 帳票印刷から実行予算金額が確認できます。