利益追求型 原価管理ソフトMIYAシステム 日本初原価管理での特許を取得した、現場から生まれた使えるソフトウェア 使いこなせば残業ゼロで利益率アップ!工程、日報、原価を簡単一元管理
ミヤシステム 資料請求 お問い合わせは0120-8986-88

メルマガ:原価管理

オリジナル動画
No.295 ヒント 「続けられる、はじめようと思う」日報のコツ

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

大安吉日発行  ミ┃ヤ┃シ┃ス┃の┃メ┃ル┃マ┃ガ┃
━━━━━━━━━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━
■  工事原価管理ソフト MIYAシステムの現場でつかえるメルマガ  ■
http://www.miyasys.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.25-8 2013.6.15 ━
お仕事お疲れ様です。生まれながらの土建屋娘エリザベスこと宮脇恵理です(#^.^#)
梅雨ですね。シトシトと雨が降ると 恵の雨と思いながらも 現場のことが気になります。
天候に左右されるから、工程管理が難しい、いまこそ段取り力の見せ所?!
めぐみの雨も味方につけて張り切って行きましょう✩

——————————————————————————-
▼ ヒント 「続けられる、はじめようと思う」日報のコツ
——————————————————————————-
先日京都サンダー様が主催された「京都建設技術フェア」に参加し
少しだけお話をさせていただきました。

テーマは 「これからの建設業に求められる人材」ヽ(*´∀`)ノ


私は土建屋の娘として生まれ父が5歳の時に創業し
監督さん、大工さん、オペレータさん、運転手さん皆に囲まれて
育ち、本当にこの業界がすきだということ。

そして、この建設業界の役にたちたいと思っていること

を前提に話を聞いてください。


これまでの建設業は、K・K・D の時代であったと話しました。
このメルマガでは何度もK・K・D( ̄^ ̄)ゞつまり
「勘」と「経験」と「度胸」の経験工学と言われた「過去」


では、これからも建設業界で「生きていこう」と決めている皆さんに
決意をお聞きします。


建設業は地元の生活を豊かに住みやすくし、公共インフラの発展や
補修とともに地元を守るという使命があります。

前回のメルマガでもお話しました▼
https://www.miyasys.co.jp/wp/?p=7506

安全、品質、技術、工程を守ることは「あたりまえ」

儲けていきましょう。

会社の儲けがそこで働く社員さんとその家族の生活を
豊かにします。

ナマナマしいですが(;´∀`) これ現実です。

では(o・・o)/ 「モウケルタメニハ!!」


一つの手段は 「日報」です。

今日何をした?
出来高(売上)は?
誰が来た?
使ったものは?

これが分からずにこれから先儲けることは難しいでしょう。

KKD いくら過去の経験、段取り力をもってしても
新技術も次々に出る、 これからの業界で利益をだすだけの
「天才」は数えるほどです。


先日の講演の際に考えました。

原価管理しましょう     とか

日報書いてますか     とか


聞かれるだけで憂鬱になる監督さん多いだろうな。

だって 何のためのものか ピンと来ないから。


これは社長の責任ですねヽ(´o`;

工事で利益がでる→経営が安定する→会社の運営がうまくいく
新しい機材や給料があがる→若しくはボーナス


自分がどれだけ会社に貢献できているか

これはモチベーションをあげるための
大きな手段です。


日報を書いて

監督さんが

まいにち毎日

(((o(*゚▽゚*)o)))ワクワク    する。


その方法を探してクダサイ。


私は年間100社以上の企業の実例を拝見しますが

楽しくない 「日報」が ほとんどです。

違う意味で KKD

継続のK  苦痛のK  努力のD


次回からは楽しむ秘訣をお知らせします。


日報を入力したくなる!
そんな 仕組みを作るのは 経営者の役目。

経営者の方針にみんな同じ方向を向いて
結果を求めていける団結力のある監督さんや事務員さんは
まさに建設業に求められる人材です。



建設サービス業界の発展のために!

MIYAシステムのご相談は、無料ダウンロードをお試しいただき
わからないことはお気軽に無料デモ版サポート
0120-8986-88(はやくやろーぱぱっと)まで(´∀`*)
——————————————————————————-
▼ あとがき・・・
——————————————————————————-
先日2年に一度開催している ミヤシステムサミット2013を福岡で
開催しました。


ミヤシステムの役割は前回も書きましたが

✩志を共にする方を結びつけ、互いの技術をシェアする環境を作ること

も重要だと考えています。


終了後の、アンケートに

ミヤシステムのユーザーは本当にみんな変わっている

でも、そんな皆さんが大好きです。


というような内容があった。


同志と 時を共にすると
新しいアイデアや、やる気、経験、技術を シェアできます。

土建屋魂 \(^^@)/万歳



原価管理の分野では異端児でありたい!

Facebookページ でこつこつと皆様に日々の活動をお知らせしています。
Facebookをしている人は ( ・∀・) イイネ!をしていない人もチェック♪してください。
ミヤシステム FaceBookページ ▼
http://www.facebook.com/miyasystem
毎日配信中。

エリザベスがお送りしました。

※みなさまの 熱いご意見もお待ちしています。
このメールを返信していただければ
ミヤシステムに 直接届くようになっています。
——————————————————————————-
発行・企画・運営 ミヤシステム株式会社
編集・執筆  宮脇 恵理
━・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━
(C)2013 Miyasystem ,Inc. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
================================================================
■本メールマガジンは、ふくいナビメルマガ発行機能を利用しています。
http://www.fukui-navi.gr.jp/
■購読の解除は、以下のURLからお願い致します。
http://www.fukui-navi.gr.jp/mm_detail.php?ml=miyasysmm
================================================================

実際に使ってみよう!

原価管理のノウハウや
MIYAシステムの最新情報
をお届けします。