利益追求型 原価管理ソフトMIYAシステム 日本初原価管理での特許を取得した、現場から生まれた使えるソフトウェア 使いこなせば残業ゼロで利益率アップ!工程、日報、原価を簡単一元管理

事務員さん必見

支払いするときの不安が解消。請求書の査定が確実になります。

「これって本当に支払っていいのかしら?入金はまだないのに支払の方が多いわ。
でも監督さんの印鑑が請求書に押してあるから査定は通ってるし・・・。社長さんに
お知らせした方がいいかしら・・赤字ですよって・・・」

事務員さんは毎月支払いのため請求書を整理します。
入金の確認もします。

事務員さんの感覚は、入金と請求書合計の比較です。

監督さんからの毎月の出来高調書(売上げ報告)がいくら支払を
上回っていても、支払の方が多ければ不安になるのです。

社長さんが数字を知るのは、請求書の集計が終わり支払一覧を確認するとき。
事務員さんの仕事は「支払一覧」を作成することで
社長さんに この工事支払ベースでは赤字ですよ と申し添えることはないという
企業がほとんど。

あるひ突然 社長は 工事台帳などを見て愕然とするのです。

「な・な・なんで、こんなに支払が多いんだ~ぁぁぁ!」


監督さんにもなかなか聞けない(忙しそうだし、嫌がられるから)

社長さんにもなかなか聞けない(いつも営業に出ててゆっくり話す時間ないし)


でも、請求書と日々の日報がつけあわせができれば安心です。

日々仕入れた原価が日報に記載されていれば、請求書の査定を待つまでもなく
事務員さんが確認することが出来ます。

分析帳票のなかの所属別集計を確認すれば 一目瞭然 です。

監督さんに聞けなくても、社長さんに聞けなくても
現場の原価が正しいかどうかの確認が出来るので支払作業もスムーズです。





\ 実行予算・出来高・コストをしっかり管理 /
新発売!クラウド版ミヤシステムの詳細はこちら!