利益追求型 原価管理ソフトMIYAシステム 日本初原価管理での特許を取得した、現場から生まれた使えるソフトウェア 使いこなせば残業ゼロで利益率アップ!工程、日報、原価を簡単一元管理
ミヤシステム 資料請求 お問い合わせは0120-8986-88

大学での活動

オリジナル動画
日本文理大学施工実習 「エコハウス建設基礎」施工実習《3日目・最終日》

前回の 日本文理大学施工実習 「エコハウス建設基礎」施工実習は・・・

型枠を作って配置し、鉄筋を入れる。

高さが足りない・・・あと1ミリ・・・もう少し下げで・・・。

ガッチリと固定し、鉄筋を中に入れていく。

等間隔に配置され、綺麗な格子状を描く鉄筋。

実習は最終日を迎えるのであった

——

ではでは最終日、張り切っていってみましょう!

本日の工程はコンクリートを流す打設を行います。型枠をはずすのは、この寒さなので後日に。

ミキサー車からコンクリートをユンボで受け、型枠の中に流していきます。

トンボで均すのは学生さん。

弊社社長の指導のもと、トンボを操っていきます。

交代でコンクリを慣らしていきます。

半分を過ぎました。

バイブレータで締め硬めながらどんどんコンクリートを均していきます。

コンクリートを流し終えたところで、型枠の側面をハンマーで叩き、下までコンクリートが行くようにします。

弊社社長と建設社長とベテラン監督の2トップによって、コンクリート表面を仕上げていきます。

コンクリートを均し終えました。

後は様子を見つつ、再度表面を均して、固まればOK。

と、なにやら影で学生さんがコソコソやっていたのでパシャリ。

どうやら地質調査に使うサンプルをもらったようです。

最後に、今日を振り返っての挨拶や感想を交わして、施工実習最終日が終了となりました。

が、

学生さん達が帰った放課後、コンクリの固まり具合を見ながら、寒さ対策のためにシートを被せに再度訪問したのでした。

実際に使ってみよう!

原価管理のノウハウや
MIYAシステムの最新情報
をお届けします。