利益追求型 原価管理ソフトMIYAシステム 日本初原価管理での特許を取得した、現場から生まれた使えるソフトウェア 使いこなせば残業ゼロで利益率アップ!工程、日報、原価を簡単一元管理

メディア掲載情報

2007.11.02 建設工業新聞 作業量と原価を日常的に把握

071102-2

-以下本文抜粋
作業量と原価を日常的に把握

工事原価管理ソフト「MIYAシステム}

ミヤシステム(大分市)が開発した工事原価管理ソフト「MIYAシステム」は、現場レベルで日次の損益を集計できるソフトとして注目を集めている。日報をいかし、作業量と原価を日常的に把握するという徹底した管理により、採算の厳しい工事の中からも確実に利益を生み出す。
月次の損益集計があたりまえの建設業界だが、工事発注の減少など厳しい経営環境の中で「どんぶり勘定」は厳禁。「月イチの集計で出た赤字を取り戻すのは容易ではないが、今日の赤字を明日取り戻すのはそう難しい作業ではない」という視点だ。
同ソフトは、原価管理ソフトとして日本で始めて特許を取得している。損益管理・歩掛管理で結ばれる実行予算と作業日報、工程進ちょく管理で結ばれる作業日報と工程管理、出来高予算管理で結ばれる皇帝管理と実行予算を、現場作業の流れ通りにグループ化、毎日の日報を簡単に入力するだけで工種別の原価管理、損益管理を可能とする。
国交省書式に準拠した工事履行報告書にも対応、その計算根拠となる工事月報も自動的に作成できる。


\ 実行予算・出来高・コストをしっかり管理 /
新発売!クラウド版ミヤシステムの詳細はこちら!