利益追求型 原価管理ソフトMIYAシステム 日本初原価管理での特許を取得した、現場から生まれた使えるソフトウェア 使いこなせば残業ゼロで利益率アップ!工程、日報、原価を簡単一元管理
ミヤシステム 資料請求 お問い合わせは0120-8986-88

メルマガ:ミヤシス情報

オリジナル動画
【大安発行】 1年の振り返り : 出来高を「事実」で見える化することが大切。

発行:2015/12/29
Facebook毎日配信中  >https://www.facebook.com/miyasystem/

大安吉日発行  ミ┃ヤ┃シ┃ス┃の┃メ┃ル┃マ┃ガ┃ 2015
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 

おはようございます。   宮脇恵理です。

あっという間に、2015年も終わろうとしています。
この1年どんなことがありましたか?

私は、「仕組みづくり」について深掘りした1年間でした。

ミヤシステムが提供しているのは、日々の工事成果が
「見える」ソフトウェアです。

でもソフトウェアって、ただの計算を早くするための
道具でしかないんです。

私達が販売したいものは、何だと思いますか?
それは、社長さんも監督さんも事務員さんも・・・
          ・
          ・
          ・
みんなが喜ぶ 「仕組み」 だと思うんです。

その「仕組み」を上手く回すための道具が
MIYAシステムであり、 その体系化した考え方や
失敗事例や成功した方法を伝えるのが私達の役割。

今日は、その仕組みの中で ”肝” の部分を紹介します。
これができれば、「仕組み」は8割方 成功だといえます。

−−−−−−−
工事の出来高(売上) を 人(監督や経営者)の
主観 ではなく  誰もがわかる 「事実」 で見える化すること。
−−−−−−−

「今日は、進捗率はどれくらい?」  と問いかけられたら?

1mの側溝を100本 100m 据える工事があるとします。

「だいたい 30%の進捗率です」 ・・・・これは主観。
見る人(立ち位置)によって、30%くらい・・という感覚は違います。
集計したコストに見合う進捗で表す  →→ コスト先行の場合不安。  
適当に間隔で話す  →→ 経験値(感覚)が重要。

「今日までに 30本 据えました」   ・・・・これは事実。
30本据えるために必要な工種 の数量×単価 で出来高金額が計算され
出来高金額÷全体金額 で 出来高進捗率 が計算される。

事実は、誰が見ても変わることはありません。
その事実を見えるようにし、 金額や進捗率 を カンタンに計算する
「仕組み」 がソフトウェアです。

●その仕組みには4つのステップがあります。
「集計」  →  「損益」  →  「予定」  → 「分析・修正」
http://www.miyasys.co.jp/products/miyasystem/

●その仕組みを実現する、机上の空論にしないためには
ひと工夫必要です。  それが特許手法の「作業のグループ化」
http://www.miyasys.co.jp/products/miyasystem/

長くなりました。

この方法を実践的にお伝えできる「伝道者」として
2016年も全国で 吠えまくりたい! と思います。

建設業の魅力を、建設業界でやり甲斐を感じる人が
もっともっと増えるように!

どうぞ、2016年もお付き合いください。

歓びに満ちた1年の訪れとなりますように。
エリザベスがお届けしました。

ご安全に!

ミヤシステムの2015年

●東日本建設業保証株式会社より発行された
「マンガでわかる 若手技術者育成のための原価管理ハンドブック」
https://www.ejcs.co.jp/report/topics.html
により、例年以上に全国で講演の機会をいただきました。

●(一社)コスト管理士協会 を立ち上げ2年目。
「建設コストマネージャー」という資格講座を大学で開講。

●「九州地方発明表彰」大分県発明協会長賞受賞
建設業界のコスト管理分野で試行錯誤と創意工夫を重ねた結果を
評価していただき、大変うれしく、ありがたい気持ちでう。
今後共業界のお役にたてるよう、尽力することを約束します。

●MIYAシステム ワンポイントアドバイス発信開始。
https://www.facebook.com/miyasystem/

●建設業女性未来づくりの会 CHIC キックオフ
女性たちが建設業界で活躍し、バックヤードから建設業経営
監督さんを支援する体制つくり、人材育成を開始予定。
(大分&京都)    

大分県発明協会会長賞受賞

実際に使ってみよう!

原価管理のノウハウや
MIYAシステムの最新情報
をお届けします。