利益追求型 原価管理ソフトMIYAシステム 日本初原価管理での特許を取得した、現場から生まれた使えるソフトウェア 使いこなせば残業ゼロで利益率アップ!工程、日報、原価を簡単一元管理

社長さん必見

作業日報をエクセル管理からソフト管理にするメリット

原価管理で、一般的に多く利用されているのがエクセルではないか。

この10年間多くの企業を訪問して、見てきたときもやはり最初は、エクセルを使用していた。

しかし、大半の管理方法が施工単価ベースの予算書。

なかなか歩掛から積み上げている予算書は数少ないのが現実だった。


そして、原価管理へ発展させるにも単価ベースでリンクしているのが大半であり

数値的に損益まで発展させるケースは、これまた少ないのが現状だった。


しかし、否定するだけでなく「できる監督さん」は言わずとも自分流の管理手法をエクセルでも

十分管理されており、人的要因は原価管理にはかなりの影響があると感じた。


なかには畳一枚分くらいの大きさの原価管理シートを自ら作成し、日々管理していた社長さんもいた。

(その会社は当然利益を出していた。)


ソフトを利用するメリットとは?


社内情報の統一化
人的要因にとどまらず仕組みからの改善
作業効率の向上による作業時間の短縮
誤計算の排除
開発等における投資費用の削減

などがあげられる。


━━ PR ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
原価管理ソフトMIYAシステムの無料ダウンロード版配信中。
機能やデータを元にかんたんマニュアルもダウンロードいただけます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


エクセル管理による原価管理で一番良く聞くことは「監督さん任せ」という事だ。

あの人は出来るけど、あの人はできない。

原価管理とは、どんなシステムを利用するにせよ、

経営の根底である以上、必要な情報源を統一することが望ましいと思う。


エクセル(Excel)とは?

マイクロソフト社の表計算ソフトです。

エクセルを利用すると、表の作成、データの集計や分析を行うことができます。

パッケージ製品 「Office(オフィス)」の一部がエクセルです。


エクセルを使用すると・・・

帳票や住所録、家計簿などが簡単に作成できます。

当社の工事原価管理ソフトMIYAシステムでは、

一部帳票についてエクセルに出力することができるため、出力後にお客様が自由にレイアウトできるようになっております。


\ 実行予算・出来高・コストをしっかり管理 /
新発売!クラウド版ミヤシステムの詳細はこちら!