利益追求型 原価管理ソフトMIYAシステム 日本初原価管理での特許を取得した、現場から生まれた使えるソフトウェア 使いこなせば残業ゼロで利益率アップ!工程、日報、原価を簡単一元管理

メディア掲載情報

2009.06.25 大分建設新聞

090625-2

-以下本文抜粋

リアルタイムで利益管理を
ミヤシステム株式会社(大分市・宮脇貴代之社長)は23日、大分市内で現場経営改善セミナーを開いた。講師は同社の宮脇恵理常務。定員いっぱいの約50人が参加した。同社は全国各地でセミナーを開催しているが、県内開催はこの日が初めて。「県内業界全体に笑顔を」と呼びかけた。
第1部は「大分の現場から生まれた原価管理システム」MIYAシステムについて解説した。宮脇常務は目下の大分市内の業界の状況をくじびきによる落札、厳しい価格など「おもしろくない状況」だとして、「営業=受注力」と「現場=施工力」で増収増益を実現すべきとした。
そして年商3億円規模の企業であればどれだけの利益目標が必要かを例に挙げた。月次や仕事単位の管理では簡単に損を取り戻せない。厳しいからこそ日々、リアルタイムな李家木管理が必要で「日々の利益を把握していますか」と参加者に問うたが、「はい」と手を挙げたのは数社だけ。そこで、MIYAシステムは予算・原価・工程を一元的に、日々管理できる現場発想のシステムだと、その特長を紹介した。
第2部では同社が開発した電子署名システム「請com(うけこむ)」について。これは印紙代が不要になる、コスト削減システム。紙の契約書には印紙を貼らなければいけないが、電子契約では不要になる。“電子的な捺印”は、誰もが電子入札でしようしているICカードが印鑑、
「請com」が朱肉になる。これで印紙代がゼロになる。年間の印紙代が約4万円以上であれば、「請com」で経費削減できる。
官民間の契約では行政上の課題があるが、民民間ならすぐにできる。宮脇常務は県内の業界全体に普及し、業者間のコストダウンを進めたいと述べた。そして大手ほど削減効果と業界内への波及効果は大きく、大手が率先して使ってほしいと呼び掛けた。


\ 実行予算・出来高・コストをしっかり管理 /
新発売!クラウド版ミヤシステムの詳細はこちら!