利益追求型 原価管理ソフトMIYAシステム 日本初原価管理での特許を取得した、現場から生まれた使えるソフトウェア 使いこなせば残業ゼロで利益率アップ!工程、日報、原価を簡単一元管理
ミヤシステム 資料請求 お問い合わせは0120-8986-88

鹿児島建設新聞 (原価管理)

オリジナル動画
みやちゃんコラム 鹿児島建設新聞 「明日の予定日報」 No.082
home > みやちゃんコラム
未来への地図  「明日の予定日報」 No.082
「明日の予定日報」 No.082
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
未来への地図 原価管理の重要性(13)
強い体質に踏み出そう 原価管理 先行管理に切替を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
No.082 「明日の予定日報」
「明日の予定日報」
月次の請求書ベースの原価管理では、そろばんを合わせているだけにしか思えません。もちろん、支払いが発生する以上、きちんと間違いのないように管理しなければならないので結果を確認することはとても正しいことです。
しかし、現場の原価管理はそれだけで良いのでしょうか。実際、経営者の話を聞きますと「工事が終わるまで不安でしょうがない」という意見が多く、皆さん現場の原価管理で悩まれています。また、現場の原価管理も結果を集計するという概念が強く、なかなか良い仕組みに改善できていないことが多いようです。
ここで一つ提案があります。結果を集計するという概念をいったん頭の隅に置いていただき「明日の予定日報」という考えを取り入れてみてください。毎日の作業が終了し、現場の作業日報を入力または記入した際、引き続き明日の投入コストに見合った作業段取りとその予定作業量を把握できれば「明日は○mしなければならない」といった利益ベースの原価管理となります。
また段取りを先行管理することで目標を達成するためのミーティングや段取りを行うような工夫も行うようになればこれまでの請求書ベースの原価管理からは大きく社内の体質や雰囲気にも変化があるでしょう。
計算方法は明日の予定作業の実行予算単価と予定作業量を計算すれば明日の予定出来高金額は把握できるはずです。出来高を把握できれば原価を計算する事は容易ですので予定損益まで計算できるはずです。そこで大切なことがあります。予定作業量では赤字や予定進ちょくに達することが出来ない場合の対処です。
社内で打ち合わせを行い、段取りの工夫や作業量を増やせないかなど採算に見合った修正を考え実践していくことが重要です。ただやみくもにこれまで通りの集計のみではこれまで通りの結果管理にしかならないと私は思います。現場のコスト管理に悩まれているのであれば、この時代だからこそ、結果を集計するという概念から原価管理も先行管理に切り替え、強い体質にいま一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。実行予算とは工事着工から完成に至るまでの予定原価の積み上げです。実行予算が絵に描いた餅で終わらせないためにも、日々の原価管理業務は経営をつかさどる重要な業務なのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
未来への地図 強い体質に踏み出そう 原価管理 先行管理に切替を
鹿児島建設新聞 平成23年11月15日(火) 第12581号 掲載
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
実際に使ってみよう!

原価管理のノウハウや
MIYAシステムの最新情報
をお届けします。