利益追求型 原価管理ソフトMIYAシステム 日本初原価管理での特許を取得した、現場から生まれた使えるソフトウェア 使いこなせば残業ゼロで利益率アップ!工程、日報、原価を簡単一元管理

パソ魂(コン)入門

―パソ魂入門 NO.16― 優れものの電子商取引

2009.09.16 大分建設新聞

土建屋のためのパソ魂入門 ―NO.16―

優れものの電子商取引
インターネットを利用した電子商取引の一部をご紹介。さらに企業間の電子商取引の可能性をご紹介。


以下、記事内容抜粋。


I(いいこと) T(たくさん)パソ魂(こん)入門<16>
優れものの電子商取引
電子商取引(EC)は、インターネットを介した商品や財のやりとりです。アマゾンや楽天市場で通信販売で購入する、というのが身近な例です。どこに住んでいてもどんなに珍しい品物でも手軽に即座に手に入れることができるので、大変便利です。しかし便利なだけではありません。まさにインターネットならではのメリットがあるのです。
インターネットは情報の海の上のデータのやりとりです。これが買い物を大きく変えます。一例では価格の比較があります。「価格com」は、いろいろな通販サイトの価格を評価して、一覧で表示します。いちばん安い店を簡単に探せるのです。そのうえ商品を購入した人の、商品や店舗の評価の口コミが掲載されています。「この商品はこの点が気に入らない」とか、「この店は対応が不親切だ」とか。テレフォンショッピングなどで「がっかりした」とか「だまされた」ということが、なくなるのです。
一方、店舗側も情報を「学習」します。アマゾンは、商品の購入履歴をもとに「あなたにはこの商品がおすすめですよ」と教えてくれます。大きなお世話だ、という場合もありますが、役立つ時もあります。
楽天市場にも口コミ情報が掲載されていますが、同サイトは祖霊所言うに、オークションや懸賞、金融など様々なサービスと一体的に構成したサービスを提供しているところにも大きな特色があります。さすがにプロ野球球団を持つ企業だけのことはあります。このように、インターネットでは、さまざまなビジネスの在り方がチャレンジされています。
電子商取引をより一層進め、企業間などの取引で見積書や契約書などを統一した書式で交換するのがEDI(電子データ交換)です。電子入札EDIのひとつです。EDIは紙の契約書と違って印紙代が不要になるなど様々なメリットがあります。次回からは建設業で使える手軽なEDIの契約書をミヤシステムの宮脇常務に紹介していただきます。


\ 実行予算・出来高・コストをしっかり管理 /
新発売!クラウド版ミヤシステムの詳細はこちら!