利益追求型 原価管理ソフトMIYAシステム 日本初原価管理での特許を取得した、現場から生まれた使えるソフトウェア 使いこなせば残業ゼロで利益率アップ!工程、日報、原価を簡単一元管理
ミヤシステム 資料請求 お問い合わせは0120-8986-88

メルマガ:ミヤシス情報

オリジナル動画
No.293 新しい市場を創ろう!人付き合いのコツ?


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
大安吉日発行    ミ┃ヤ┃シ┃ス┃の┃メ┃ル┃マ┃ガ┃
━━━━━━━━━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━
■  工事原価管理ソフト MIYAシステムの現場でつかえるメルマガ  ■
http://www.miyasys.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.25-6 2013.4.2 ━
今日もお仕事お疲れ様です。
ミヤシステムのエリザベスこと宮脇恵理です!
いよいよ新年度がスタートいたしました。昨日は多くの会社で「入社式」が行われ
新しい希望に包まれていると思います。
春は別れと出会いの季節です。何かを始めるには最適ですね。
桜の美しさに目もココロも奪われつつ幸せな気持ちで・・
大安メルマガ!今日も張り切ってまいります!
——————————————————————————-
▼ 新しい市場を創ろう 建設サービス業の心得
——————————————————————————-
私は現場が好きです。
地域の基幹産業として発展し、志を持った建設業の技術者を尊敬しています。
最近、建設業界を見渡した時に感じることがあります。
建設市場が変わってきている。
この10年間、建設業界は先の見えないトンネルの中で
もがき続けた企業が大半でした。
素晴らしい技術者の業界離れは全国的に深刻な問題となり
いざという時に地域を守れるのか?
経営体力の限界から、多くの歴史のある企業が建設業から撤退しました。
新年度に提案です。
新しい 建設市場を 創造しよう。
これまでの、建設業界 たくさんの技術者や経営者を見て
一番重視してきたことは何だと皆さんは思われますか?
まさにKKD。 「勘」「経験」「度胸」
経験工学と言われ続けた50年。
KKDからなる「安全性」「工期厳守」の能力は日本の技術者は世界でも
トップレベルだと思います。
これが 建設業です。
新しい「建設市場」 とは やはり「サービス業」の精神を持ち合わせ
建設サービス業となることです。
必要なスキル
1民間営業に必要なユーザーの要望を「聞き取る能力」
2施工の進捗や問題点を共有できる「コミュニケーション能力」
3ITリテラシーを向上させ、生産性を上げるという「気持ち」
4現場にお任せするだけではない「経営者の現場把握力」
5工程と原価を予定通りにすすめる「マネジメント力」
一見、「今までと同じじゃないですか?」と思われるかも
しれません。しかし、建設業界の印象がよくないと言われる方の
話を聞くと、
「工期に仕上げるだけが、重要か?
現場でタバコをポイ捨てする。地域住民と挨拶ができない。
設計にないことは無視する。社長の顔は見えない」
という厳しい声を聞きます。
要は、「サービス業」であるという感覚があまりにも少ないということです。
民間進出を成功されている企業は、このあたりを徹底しています。
公共工事の工事点数を上げるにも、重要なポイントとして挙げられています。
今回、改めてこのポイントを書いたのは
公共工事の点数ではなく
これからこの業界で残っていくために、必要なスキルであると
確信しているからです。
全国を渡り歩く中で
一歩先を行く建設会社の特徴です。
ミヤシステムが、創造してきた市場。
それは、コミュニケーション、マネジメント、ITリテラシー
をキーワードとしたツールとノウハウを提供することです。
新しい年度も、様々な角度から 情報を提供していきたいと思います。
建設サービス業界の発展のために!
MIYAシステムのご相談は、無料ダウンロードをお試しいただき
わからないことはお気軽に無料デモ版サポート
0120-8986-88(はやくやろーぱぱっと)まで(´∀`*)
——————————————————————————-
▼ あとがき・・・人つきあいのコツ
——————————————————————————-
私のメンタルをアゲテくれる人に、勝間和代さんがいます。
勝間さんの最近のブログの中で
「毎日の仕事が楽しくてしかたないです」と明言する、オーナー社長が教えてくれた、人付き合いの大事なコツ
が書かれていました。
その一番の理由
「いやな人とは会わないから」
詳しくは▼
http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/2013/03/post-eb09.html
私も、運気やパワー、メンタルをあげてくれる人と
いつも一緒にいたいと思いました。
そして、私自身 そういう人になりたいと。
今求められるのは、人との付き合いを大切にできる人材だと
感じる今日このごろです。
さて、そろそろお時間がまいりました。
新しい年度もミヤシステムをどうぞよろしくお願いいたします。
エリザベスがお送りしました。
ミヤシステム FaceBookページ ▼
http://www.facebook.com/miyasystem
毎日配信中。
※みなさまの 熱いご意見もお待ちしています。
このメールを返信していただければ
ミヤシステムに 直接届くようになっています。
——————————————————————————-
発行・企画・運営 ミヤシステム株式会社
編集・執筆  宮脇 恵理
━・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━
(C)2013 Miyasystem ,Inc. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
================================================================
■本メールマガジンは、ふくいナビメルマガ発行機能を利用しています。
http://www.fukui-navi.gr.jp/
■購読の解除は、以下のURLからお願い致します。
http://www.fukui-navi.gr.jp/mm_detail.php?ml=miyasysmm
================================================================


実際に使ってみよう!

原価管理のノウハウや
MIYAシステムの最新情報
をお届けします。