利益追求型 原価管理ソフトMIYAシステム 日本初原価管理での特許を取得した、現場から生まれた使えるソフトウェア 使いこなせば残業ゼロで利益率アップ!工程、日報、原価を簡単一元管理

MIYAシステムの声

17,500円のコスト削減!

■お名前:N建設 事務員担当者さま

■お住まい:大分県

導入後2ケ月のころのN建設さま

すでに日報の運用は完璧。

いつでも原価金額はわかる状態でした。

そのころの工務事務担当のTさんからの質問。

毎月の請求書チェックするのに、どの帳票が適していますか

ということだったので

MIYAシステム起動画面>印刷>所属別集計表を紹介した。

* この帳票は、指定した任意の期間のすべての現場の原価を所属別(支払先別)に工事ごとに一覧表として出力する。

この帳票により、現場の請求書確認作業は格段にかんたんになる。

■ 事務担当者の声 ■

すごーいい!わたし1ケ月の作業の中で、この仕事が一番時間がかかっていたんです。

だって、手書きの日報と全部チェックしなければいけないから。

だけど、これがあれば 楽勝ですね!!!

そして私たちが他の説明を工務の方にしている間、

なんどもスゴイ!スゴイ!と画面にむかってつぶやいていた。

サポートスタッフとしては、お客様の喜びの声以上にうれしいことはない。

でもふと気づいた。

『こうやって、事務の生産性があがる。

この帳票で事務担当者が3日かかっていた仕事が半日で済むようになったら、会社としてのコストは?』

答:

事務員さんの1日の労務費が7,000円だとする。

ここでは、17,500円のコストダウンである。

みなさんはどう思われますか?

やっぱり生産性をあげるために、ITの力は必須である。

だってI(いいこと) T(たくさん)ですから。


\ 実行予算・出来高・コストをしっかり管理 /
新発売!クラウド版ミヤシステムの詳細はこちら!